矯正方法の増加

矯正歯科治療方法は歯に矯正のための器具を取り付けることになります。 ワイヤーを取り付ける際にも歯の外側では目立ってしまうので、なるべく目立たないような色にしたり、歯の裏側にワイヤーを取り付ける舌側矯正という方法も存在し、周りの人からも矯正していることを知られずに歯並びを治すことができます。 マウスピースを使った矯正方法もあり、少しずつマウスピースを作り変えながら徐々に歯並びを良くしていく方法で、取り外しが可能ということで食事の時やしゃべる時にも邪魔にならず、洗浄もできるので衛生的です。

歯並びが悪くなっている人が増えています。 その理由は食事が柔らかいものを食べるということが増えているためで、それによりあごが発達しないために歯が生えてくるスペースが少なくなってきて、歯がずれて生えてきてしまいます。 そのまま放置しておくと見た目以外にもデメリットも多くなっているために、歯並びを治します。 そのために矯正歯科に通う人が子どもが中心となっていますが、大人になっても矯正歯科に通って治す人が増えています。 子どもの場合には骨が未発達な分、歯を動かしやすいというメリットがあり、子どもが歯並びが悪い場合には早い段階から歯並びを良くすることがトレンドになっています。 矯正歯科の需要は多くなっており、矯正専門の医者も増えています。

Copyright© 2015 ちゃんとしたデンタルケアを行うことが必要All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com